行政書士とは

≪行政書士の仕事はなんでしょう?≫

 

 行政書士の仕事は大きくわけて二つあり、

①行政庁への許認可の手続きの代行(行政書士法第1条の2第1項前段)

②権利義務又は事実証明に関する書類の作成(行政書士法第1条の2第1項後段)

 です。

 

 このうち①「行政庁への許認可の手続きの代行」については、建設業許可(金看板)をもっておられる方の手続きを代行したり、外国人のビザ申請、永住申請、帰化申請、退去強制などの手続きを代行したりします。それ以外にも、産業廃棄物や、運送業、医療法人など、様々な行政手続きを行います。

 

 これに対し、②法律関係の文書の作成については、契約書、議事録など、権利義務にかかわる文書を作成します。これについても、権利義務にかかわる文書というのは、範囲は相当に広く、法務関係の文書のほとんどがそこに該当するものと思われます。

 

≪行政書士の特徴(司法書士と比べて)は何でしょう?≫

 

 よく司法書士と行政書士はどう違うのか?と聞かれます。

 実は名前がよく似ているのですが、活動内容(法令上の権限)や試験の難易度、資格を持っている人の数などがだいぶん異なります。

 

 行政書士とは、「行政」という名前がついていることから分かるように、ひろく「行政」手続きに関する業務を中心に行っております。そのため、行政書士の管轄官庁は、「総務省」という行政府を統括する機関となっています。

 一方、司法書士とは、「司法」という名前がついていることから分かるように、「裁判」や「法務局」の手続きに関する業務を中心として行っております。そのため、司法書士の管轄官庁は、「法務省」という裁判所や法務局を統括する機関となってます。

 

 この点、「行政」といっても範囲が大変広く、税理士や社労士や司法書士などの行う手続きも「行政」手続きの一種です。ですから、行政書士の行う「行政」手続きとは、そういった他士業がやってはいない分野での「行政」手続きということになります。具体的には、建設業の許可や、入管(ビザ)関係、廃棄物や、運送業などの諸手続きが行政書士の業務となります。

 

 そう考えると行政書士の活躍の幅が少ないようにも思いますが、必ずしもそうは言えません。特に行政書士の行う許認可の手続きは、許認可を使って仕事をする会社の経営者にとっては、その手続きが成功するか失敗するかで会社の将来が決まるといっても過言ではない、大変重要な手続きです。従って、許認可をかかえる会社の経営者にとって、許認可に強い行政書士というのは大変重要で、司法書士よりも大事だと思っている経営者の方もいっぱいいらっしゃいます。そういった事情もあって、行政書士の社会的な信用や政治的な力には大変力強いものがあります。