司法書士とは

≪司法書士の仕事は何でしょう?≫

 

 司法書士の仕事は、大きく3つあります。

①一つは、登記に関係する業務(司法書士法第3条1号~3号)

②もう一つは、裁判所に関係する業務(司法書士法第3条4号~8号)

③最後に、財産管理に関する業務(司法書士法29条1項1号、同法施行規則第31条)

 です。

 

 このうち①「登記に関する業務」は、不動産の売買や、会社の登記簿の変更などの手続きに関する書類を作成し、申請の手続きの際には代理人となって本人の代わりに手続きを行い、問題があれば審査請求を行う権限までが付与されています。

 

 次に②「裁判所に関係する業務」は、一つは簡易裁判所が管轄する事件(140万円以下の民事紛争)の、訴訟や紛争の代理を行います。この部分では、弁護士と全く同じ業務を行うことになります。

 もう一つは、最高裁、高裁、地裁、家裁が管轄する事件(上記以外の事件)について、裁判所に提出する書類(訴状や、準備書面など、裁判をするために必要な書類の一切)の作成業務を行います。こちらは、弁護士と異なり、「代理」ができないため、本人が裁判所に行き、その裁判を遂行するために必要な一切の書類を作成するという、本人訴訟支援の形をとります。

 

 最後に③「財産管理に関する業務」は、第三者の財産を管理し、その代理人となることが出来る業務です。これには、成年後見や相続財産管理人など裁判所から選任されて行う管理業務と、金銭管理・財産管理の契約を結んで行う任意の管理業務の二つがあります。

 

≪司法書士の特徴は何でしょう?≫

 

 司法書士は弁護士の隣接職種ですので、その違いは何かということをよく聞かれます。

 この点、弁護士は法律的な手続きはすべて行うことが出来るのに対し、司法書士には制約があります。ですから、オールマイティーな資格といえば、やはり弁護士となるでしょう。

 

 では、そういうある意味「中途半端」な資格である司法書士が、なぜ社会で必要なのでしょうか?

 特に、昔は弁護士が少なかったため、報酬が単純に「高かったり」とか「とっつきにくかったり」という部分があったことは否めませんが、現在弁護士の数は急激に増加しており、「安く」「気軽な」弁護士も増えてきています。そういう意味では、司法書士が弁護士の「代替」機能を果たす場面は、どんどん減ってきていると思います。

 

 そういう状況の中で、なおかつ司法書士の積極的意義を見つけるとしたらば、やはり司法書士が一般に弁護士に比べると、「紛争を回避」や、「紛争の未然防止」に力点を置きやすい法律家であったり、依然として弁護士よりはまだとっつき易いと思われる法律家であるという点にあると思います。

 

 なぜそう言えるかの一番の理由は、司法書士がどこで「儲かる」か、どこで「儲からないか」の点にあります。

 すなわち、司法書士は基本的には紛争が悪化し、大きくなればなるほど、仕事が出来なくなり「儲からなく」なってしまいます。というのも、140万円をこえる訴訟の代理人にはなれませんから、紛争が悪化し、大きくなったらどこかのタイミングで、自分は辞任して弁護士に仕事を回さなければならず、そこから先は一切仕事ができなくなり収入がなくなってしまうからです。

 

 これに対し、弁護士の場合は、紛争がどんなに悪化しても最後まで仕事ができ、むしろ報酬の額はどんどん膨れ上がっていきます。

 もちろん、弁護士が争いごとが大好きなわけではなく、紛争の回避や未然防止に力を入れられている方もたくさんいらっしゃいますが、ただ紛争が拡大すればするほど「儲かる」という構造であることには客観的に変わりはありません。また、もともと弁護士は刑事の冤罪事件の弁護や、何億何千万といった巨額な損害賠償請求事件の訴訟の場面など、紛争の中心的な場面こそが「ひのき舞台」であって、そういった場面での活躍の方が、名声や実績を積みやすいという側面もあります。

 

 その点どうしても人間というのは、自分が「儲かる」ことに引っ張られやすく、また名声や実績を獲得したいと願う傾向がありますので、一般的には(絶対ではありませんが)弁護士より司法書士の方が「紛争を回避」する方向や「紛争の未然防止」の仕事に力点をおきやすいということになります。

 

 伝統的に、司法書士が成年後見や相続手続きなど、家族間の法律関係に強いのも、家族間の法律関係というのが概して「紛争の悪化」を家族の恥ととらえて、紛争を回避しようとする方向に行きやすいことと、無縁ではないでしょう。実際、成年後見を申し立てをする際に家庭裁判所が後見人として選任するのは、昔から弁護士よりも司法書士の方が数が多く、現在に至るまでその状況に変わりはありません。

※参考資料 平成28年に家庭裁判所が選任した成年後見人の立場(職業)の統計